巻き寿司

2006年6月24日、最愛の母が亡くなりました。ほんの2ヶ月前、背中が痛いというので病院に連れていったところ、そのまま入院、癌発見。あれよあれよという間に体力が落ち、意識も混濁し、呼吸不全となり帰らぬ人となってしまいました。
まさかいなくなるとは思わなかったので、今まで作ってもらっていた料理のレシピなんてまったくありませんが、舌を頼りに母が作ってくれた数々の料理を再現しようと思います。
存命中はすべて母まかせでまったく何にもしなかった私ですが、お母さん、だいじょぶよ、ちゃんと生きていくから。ごはんもコンビニ弁当なんか買わないよ。インスタント食品もできるだけやめるから。最後までこんな私の心配してくれてどうもありがとう。

というわけで、今日は母が得意だった巻き寿司をつくりました。
記憶を頼りに、まず買い物。干ししいたけをもどしている間にお店へ。
海苔、三つ葉、かんぴょう、桜でんぶ、きゅうり、卵。
かんぴょうは塩もみして茹でました。しいたけを甘辛く煮て、ついでにかんぴょうも投入。
結構いい味になりました。三つ葉を軽く茹でて色止めし、きゅうりは細長く切るだけです。
砂糖、塩、出汁と卵4個を混ぜて卵焼き器で焼き、厚焼き玉子の完成です。

いざ巻き簾で巻こうとすると何しろ初めての体験なのでなかなかうまくいかず。ごはんははみだすし、具ははみだすし、それでも3本目ぐらいから要領覚えました。海苔にも裏表があるのね。向きも考えないといけないのね。

合計8本巻きました。ひとりじゃ食べきれないので母がお世話になった方々に配ってまいりました。結局私が食べたのは端っこだけです。でも母を思い出せる味の巻き寿司ができて幸せでした。

来週は何をつくろうかなあ。。。
[PR]
# by LuckySevenStars | 2006-07-17 18:27 | 料理 | Comments(0)

お料理日記


by LuckySevenStars