解夏 新涼 撫子

雲水の解夏の法鼓の猛々し
解夏の朝厨に響く笑ひ声
安居明け下界に還る僧の列
解夏の朝懺悔の僧の顔緩む
新涼にほつとしている草と木樹
涼新たひとつの事の終わりけり
庭隅にけふ新涼を見つけたり
撫子の数多集ひて姦しし
撫子の齢五十となりにけり
撫子や健気とも強しとも云ふ

[PR]
by LuckySevenStars | 2017-08-02 11:32 | Comments(0)

お料理日記


by LuckySevenStars